ピアノ教室の転室をお考えの方へ

今、ピアノ教室に通ってるんですけど・・・

「今、すでに別のピアノ教室に通ってるんですけど、転室は出来るのでしょうか?」
そんな方が、これまでに何人もいらっしゃいました。
「もう2年ほど習っているが、音符が読めない」
「真ん中のドも高いドも、四分音符という名前も意味も分からない」
「本人の理解より難しい曲をやってるんじゃないか?」などなど…。

スラスラと弾けている、ように思われる楽曲よりかなり簡単な楽譜を見ても、ひとりでは一音も引けないのです。

「今まで何をやってきたのだろう?」
と呟かれたお母さまもいらっしゃいました。
スラスラ弾いているように聞こえるのは、
「猫ふんじゃった」のような覚え方でこれまでやってこられたものと思われます。

子供は見て聞いて、マネをすることが大好き、得意。
でも、難易度が上がるともう、そのやり方が通用しなくなります。

その時に気が付かれたら…、まだ修正は効きます。
楽譜の中身が理解できないのと、練習の方法も分からないから上達しない。
だから辞めたくなるんですよね。

レベルは違っても、自分の力で楽譜を読んで理解できれば、
ある程度自分の弾きたい曲を自分の力で弾けるようになるものなのです。

正しく積み重ねていれば、大人になっても身についた能力は財産となります。
財産となるよう、たとえピアノから離れたとしても、いくつになっても再開できるよう、
更には心の糧となるよう指導させていただきます。

「生徒さんの能力を引き出し、伸ばす。」
成長していただくのが私の仕事です。

メールフォームはこちら

ページトップへ